タクシー

自由度が高い

タクシードライバーの募集に興味を持っている場合は、この仕事にどんなメリットがあるのかを知っておきましょう。まず挙げられるメリットは、サラリーマンなどの一般的な職業と比べると「自由度が高い」ということです。仕事の始めと終わりに営業所へ立ち寄る必要はありますが、運転の仕事は自分のペースでできますし、疲れているときは休憩を多めに取ることも可能です。また、普通の会社のように上司と1日中顔を合わせる必要もないため、そのことでストレスが溜まることもないでしょう。

休日が多くプライベートを大切にできる

タクシードライバー募集のもう1つのメリットは、「休日が多いためプライベートを大切にすることができる」ということです。タクシードライバーの働き方は、丸1日働いたら次の日は休みになるという隔日勤務が多いため、月の半分かそれ以上の日数が休日になります。もちろん丸1日働くと言っても、その間に仮眠時間や休憩時間があるので、1日中ずっと働き続けなければならないというわけではありません。休日は、趣味や家族サービスをおこなうなどのプライベートに使えますし、副業で稼ぐことも可能でしょう。

第二種免許が必要

タクシードライバーの募集に応募する際は、どうやったらタクシードライバーになれるのかということも知っておきましょう。この仕事で必要になるのは、第二種免許であり、第一種免許だけでは業務をおこなうことができません。ですので事前に取得する必要があるのですが、多くのタクシー会社では、就職後などに免許取得を支援する制度があります。そのため第二種免許を持っていなくても、就職した後に自動車学校で免許を取得することが可能です。

業務内容や給与について

タクシードライバーの募集で他に知っておきたいのは、業務内容や勤務形態、そして給与に関することです。業務内容については、タクシー会社に就職した場合は、まず営業所に出社して朝礼に参加し車の点検をする必要があります。出庫した後は送迎業務をすることになりますが、状況によっては駅などで待機する場合もあるでしょう。そして勤務が終わったら、営業所に戻って帰庫をおこない、退社するというのが一連の流れになります。勤務形態に関しては、丸1日働いて次の日は休むという隔日勤務が主流ですが、他にも一般のサラリーマンのような日勤や、夕方から朝方までの夜勤という働き方も可能です。給与については、固定給に歩合を足すというのが基本であり、歩合の一部を会社に収めるという仕組みになっています。年収に関しては、全国平均は350万円程度ですが、大都市ではそれより高くなる傾向があると言えるでしょう。

広告募集中